スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震

2011.03.16 (Wed)





3月11日、朝8時に起きて遺跡秘密に行くためにポタ出しを開始。

その後軽く狩りをして昼の2時頃に布団に入った。








1時間だけ寝よう。



















いつもなら1時間寝るとかいっても、夜まで寝ちゃう俺。

しかし今日は1時間で起きた。いや、起きてしまった。
















15時15分、俺の住む茨城県で震度6の地震が起きた。

最初は小さな揺れだった。














「なんだ、また地震か。寝よ」







と思って再び布団に入ったそのときだった。



















今まで体験したことのない揺れ、人生で初めて「死ぬかも」と思った瞬間だった。















俺の家族は5人で、父母は仕事

家に残されたのは泣き虫な妹と、身体の悪いおばあちゃん。






揺れの中、俺はできる限りのことをした。







兎に角自分の命より、2人の命を優先した俺がいた。

体が勝手に動くって言うのはまさにこのことだなって思った。











外に逃げてもしばらく揺れはおさまることがなかった。

















2時間くらいたった後だろうか。

家の中に入ってみると、信じられない光景を目の当たりにした。







倒れるはずがないと思っていたタンス、仏壇

その他の大きなモノが倒れていた。







おじいちゃんの仏壇は完全に破壊されてしまったが、写真だけは無事だった。

良かった。




















地震9.jpg






この写真が地震が起きる前(2月8日撮影)である。






















そして





地震5.jpg



地震6.jpg



この写真が地震が起きたあと(3月11日撮影)である。








テレビは倒れ、パソコンも落ち











地震4.jpg



本棚にしまってあった本も殆ど落ちて









地震2.jpg





こうなってしまっています









地震1.jpg



しっかり固定されていたはずの扇風機まで落ちてしまいました。

















かわらが落ちて、駐車場の屋根に直撃

屋根が破壊されました







地震3.jpg






応急処置はこんな感じですが、いつまた地震が起こるかわからないのね

なおせない状況が続いています。



















地震がおさまったあとも悲劇は続きます。




















水がでない。























いままでそんなこと体験したことがなかった。

蛇口をひねれば水はでる←当たり前だと思っていた。


しかし水はでなかった。










つまり、お風呂にも入れないということ。












そして、毎日朝と夜に俺は父と水汲みに行っていた。









地震7.jpg








地震8.jpg








こんなにたくさんの水をもらっても、数日しかもたなかった。
















俺はこの地震で改めて水の大切さを知った。

電気の大切さを知った。













余震はこれからも続くけど、がんばっていこうと思う。





















コメント

えっと
少しだけど、募金しました。頑張ってくださいっ

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。